2013年03月12日

2012坂内2daysエンデューロ顛末その1

2012坂内2daysエンデューロ顛末です。各位大変遅くなりすみません。今回サポートの要として奮闘いただいたAざらし氏視点による定時レポート形式で進めますね。(文責:N田)

20121021_2DAYS01.jpg


●4時間経過…
10:51、1番手 HD原くん、好位置からスタート。1周目はセクションまで、トラブルなく、ゼッケン通り『2番手』で戻ってくる。

20121021_2DAYS02.jpg

20121021_2DAYS03.jpg

しかーし、セクション最後ののぼりで、大石のワナが…。リアタイヤで地の底までボーリングしている間に、つぎつぎにラップされるも、チーム員は見てるだけー。見かねたエントラント数名がヘルプに入り、大石撤去作戦大成功!! ぱちぱち。こかしても、投げてもマシンダメージなく2周目へー。

20121021_2DAYS04.jpg

…内緒ですが、この時、HD原くんの奥様は、「死んじゃうー。しんちゃんが死んじゃうー、心が折れてなきゃいいんだけど…」と泣いていました。
3周して2番手、N田さんへバトンタッチ。その頃には、各々が、各々の用事に入り、観戦するでもなく、歓声をあげるでもなく、知らない間に3周終了。いやいや、興味がない訳ではなく、安定しているから安心してただけですよ。おつかれさまです。
3番手は、これがレース初参戦の増Dくん。緊張の面持ちでスタートするも難なく3周クリア。
と思いきや、所々で心が折れたらしく、「だれだ!! 俺をこんな所に連れてきたのはー!!」

20121021_2DAYS05.jpg

…と時は進み、8h後につづきます。


●8時間経過…
スタートから4時間経った頃、宮Tさんが登場。ご家族とたくさんの差し入れを持って来てくださいました。

20121021_2DAYS06.jpg

同じ頃、第5ライダー栗Tさんがご出勤。ライダー不足なので、すぐに準備してもらいます。
ここまでマシントラブルは全くなく、恐ろしいほど順調です。これも整備担当者、S田さんのおかげです。(と書いておけと本人談) マシンが安定しているので、深夜の走行にそなえ、仮眠に入ります。おやすみなさい。

20121021_2DAYS07.jpg

暑いくらいだった昼間の気温も、太陽さんが沈んだころから急に下がります。渡りでぬれた身体も冷え、ライダーも疲れをかくせません。そろそろ隠しライダーの私の出番か…!?
と思った頃に、仮眠から目覚めたS田さんが装備を整え登場。ここから、朝日が顔を出すまで、がんばってくれることでしょう。秘密兵器(私)は、最後の最後まで、とっておきます。地雷踏む確率は、120%なので―。ちょっと残念…。
寒くなってきたので暖をとるため、飯たき班は、豚汁作成に入ります。ここでまだ8時間…。楽しい時は、まだまだ続きます。

20121021_2DAYS08.jpg
posted by HSTR at 23:33| 大阪 ☀| Comment(0) | レース(坂内2Days) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。